無料メールマガジン

ラリー・ウィリアムズの芸術的なトレーディング(メルマガID:0001018320)
powered by まぐまぐ!

配信サンプル
---------------------------------------------------------------------------
■ 米国債、株式、そして、感謝祭の七面鳥
---------------------------------------------------------------------------

米国債先は、短期的には上昇する可能性がある。

もちろん、これまでも話してきた通り、
基本的に米国債は下落傾向にあると思っている。

13週サイクルから、米国債は短めのアップスイングすると思われる。
この周期は12月初めに天井を打つと予測している。

11月の営業日別の傾向をグラフにした。
http://www.lwjapan.com/img/54tv.jpg

第1営業日から第3営業日まで、米債は下げる傾向にあるが、
第4営業日から第6営業日までは上げれるバイアスがある。

また、第9、10、12営業日も上げの傾向が強い。
最も注目して欲しいのは月末である。

第19、20営業日は非常に強い上げをみせている。
このグラフがロードマップとして参考にして貰いたい。

次は、S&P500(米株先)トレードの結果である。
http://www.lwjapan.com/img/54tv-2.jpg

感謝祭の第7営業日前にS&P500を買い建てたときの検証結果である。
28回のトレード数で、その勝率は92%とかなり高い。
総利益は、$34,565となっている。

感謝祭トレードとして良く知られているのは、
感謝祭前日や前後にトレードするものが多い。

今年の感謝祭の第7営業日前は11月16日にあたる。
各自、カレンダーを確認して欲しい。

感謝祭第8営業日前にS&P500を買い建てたときの検証結果であるが、
第7営業日前同様、82%と高勝率である。
約$12,000の総利益をあげている。
検証にもとづいたトレードをするだけでなく、
この時期の米株市場のアップバイアスに目をむけてほしい。

Good Luck & Good Trading
ラリー・ウィリアムズ